Jumbotron 0ec80fb3d8d0bb617e14ec1d4a23325c75d43ae30ecdff790cccec8f6829a4c1

初めての方へ

ワナビーズは、ワナビーズ層専門の就職支援サービスです。
ワナビーズ層とは、安定やブランドより、成長ややりがいを大切にしたい人達のことです。

ワナビーズの使い方

Feature1 b577e441e6493dc735161ca152db4d19688b17cba3adb7e01ced14c69218c0dc
記事を読む
Step1 208d44bb99844a7bd6e471f1fcb6fb8ef4cb7b546a912fba250123881c1e4af8
まずは自分が興味を持った会社の記事を読んでみましょう。
経験・スキル、ロールモデル、社長と会社という3項目からその会社の記事を読むことができます。
Feature2 601fb6b0a36fb2d3792367c0cd374627bbe32a41c9a935ed0f8ae9f28952b5bc
実際に会いに行く
Step2 4c58025862e0639c8c480389ba8f807b448ced72d596136a65c4fb6714360d78
記事を読んで気に入った会社や人を見つけたら、実際に会って話を聞いてみましょう。
4つの項目から企業に申請を出すことができます。
Feature3 3253206600802f321c324d6ff06273be58988b4635f15268e5945e6e1fec7fed
その会社で働く
Step3 43f37b6fa965b55409f6e085315ec9864ae621a704c424058095dda55c281466
ワナビーズの掲載企業は、採用ニーズのある会社です。
実際に会って話を聞き、お互いに納得したらその会社に就職することができます。

こんな人にオススメ

ワナビーズでは記事を3つのカテゴリに分けています。
経験・スキル

『その会社に入ることで得られる経験・スキル』

ワナビーズでは、給与やネームバリューなどの情報でなく、成長ややりがい等、ワナビーズ層向けの情報をご提供しております。

具体的にはその会社に入ると、どのようなスキルが身について、どのような経験ができるのかがこの章で書かれています。
具体的な施策や制度、働き方等を例として出しながら紹介しています。

『経験・スキル記事』をまずは読んでみる
ロールモデル

『実際にその会社に入ったらどのような人になれるのか』

働いた先、成長した先にどのようなワナビーズになれるのか、
その会社で実際に働き、成長した社員の方に直接お話を聞いて紹介しています。
物語形式になっており、

『入社前の話』、『入社してからの話』、『現在の話』の順にSTORYを紹介
しています。

この章を読むことで、その会社に入社してからのキャリアプランを
イメージすることができるようになります。人が会社を見て会社を選ぶのでなく、
人が人を見て、その人の働いている会社を選ぶことができます。

『ロールモデル』をまずは読んでみる
社長と会社

『どんな会社でどんな社長なのか』

会社の社長がその会社の大枠の方向性を決めると言っても過言ではありません。
この章では、その会社の社長がどのような経緯で会社をつくったのか、
どのような事業内容で、会社を今後どのようにしていきたいのか等が記事として書かれています。

記事を通して、会社の方向性と自分自身の方向性を確認しておくことで、
入社後のイメージのずれをなくすことができます。

『社長と会社記事』をまずは読んでみる
Our feeling 9c545517394a74688d74d9678649be9a713f306679ca808dcbeea7e80ee0215c

私達の想い


【ワナビーズ =安定やブランドより、
成長ややりがいを大切にしたい人達へ】

安定やブランドより、
成長ややりがい等を
大切にしたい人達がいる。

それは、
小さい頃に夢見たこの職業につきたい。
あの人みたいになりたい。

など、それぞれの人が持っている

I wanna be (アイワナビー)
『~になりたい』という、
自分の気持ちに素直な人達のことだ。


私達は、そんな人達のことを
『ワナビーズ』と呼ぶ。



ただそんなワナビーズは、
今の世の中で決して多数派ではない。
だからワナビーズにとって、今の
世の中は少しだけ生き辛くなっている。


多数派向けの就活が肌に合わなくて、
共感してくれる人が周りにいなくて、

段々と自分の気持ちにふたをしていく。

そうして周りに流されていき、いつの
間にか多数派向けの道を選んでいる。


だってその方が

褒められるし、
嫌われないし、
傷つかないから。



でも、

それは自分が主人公の人生ではなく、
他の誰かが主人公の人生で。


それはまるで、世間体を気にして
好きじゃない人と結婚した、
仮面夫婦のようで。


それはまるで短期的には快楽を得るが、
長期的には体をむしばんでいく、
麻薬のようで。


だから後で悩み、後悔をする。

『なんであの時、自分の気持ちに
素直にならなかったんだろう』って。


だから辛くても大変でも、今は1歩を
踏み出さなきゃいけない
時なのかもしれない。



ただ、とはいえ

僕たちは臆病で、怖がりだ。
嫌われるのが、失敗するのが、怖い。

『失敗を恐れず挑戦してみれば
いいじゃん』 とか言われても、
そんなに簡単には変われない。


本当はどうすべきかは、
自分でもわかってる。

でもこの文章を読んでも、なんだかんだ
で一歩を踏み出すことはないんだろう。



ただ、1歩踏みだすのが無理でも、
半歩ならどうだろう。

1歩を踏み出して、いきなり会社に入れ
とか、そんなことを言うつもりはない。

まずは記事を読むだけでもいい。
面談に来るだけでもいい。


これならリスクも対してないし、それで
もし何も変わらなかったらやめれば
いい。ただそれだけのことだ。

どうだろう?

これなら、半歩踏み出すだけなら、
私達にもできるんじゃないだろうか。




ワナビーズは、あなたの周りにいない
だけで、この国にはたくさんいる。


パチプロだったけど、今では7社の
人事責任者をしている人

ティッシュを食べる生活から、
売上50億企業の取締役になった人

5年間フリーターだったのに、
3年で社長になった人


自分の気持ちに素直で、イケてる
ワナビーズが、たくさんいる。

自己実現と他社貢献を両立してる
ワナビーズが、たくさんいる。



そしてそんなワナビーズが働いている
素敵な会社がこの国にはたくさんある。

それはひょっとすると、100人中99人に
とっては微妙な会社かもしれない。

でも将来起業したい人にとっては、
その会社が一番良い会社かもしれない。


それは小さくて、実績も
何もない会社かもしれない。

でも、出勤をしないで、旅をしながら
働ける会社かもしれない。


そんな会社が、この国には
たくさん眠っている。

だから私達はそんな会社を、そこで働く
ワナビーズを、ここで紹介していく。

そう、ワナビーズが小さな、でも最高に
偉大な半歩を、踏み出せるように。





さて、ただここで、そもそも自分が
ワナビーズなのかどうかがわからない
という人も多いのではないだろうか。

そんな人は、ここまで文章を読んできて
自分がどう感じたかで判断するといい。

仮面夫婦とか麻薬とか、
ポエミーだなと思ったら、

しょせん青臭い理想論だろ、
現実見ろよと思ったら、



あなたはワナビーズでは
ないのかもしれない。

でも、少しでも共感したなら、半歩を
踏み出してみたいと思ったなら、
あなたはワナビーズなのかもしれない。

自分の気持ちにふたをしているだけの、
ワナビーズなのかもしれない。


もしあなたがワナビーズなら、
堂々と胸を張ればいい。

だってワナビーズは、見方を変えれば
自分の気持ちに素直だということで。

敷かれたレールの上を、何も考えず
ただ歩くのでなく、自分の頭で
ちゃんと考えているということで。

それは本来とても素敵なことのはずで。



だから胸を張って半歩踏み出せばいい。

周りの目とか世間体とか関係なしに。
自分の気持ちに素直に、
半歩を踏み出してみればいい。

別に全部が全部
そうしろというわけではない。

ただせめて、これから先ずっと過ごす
会社くらいは、自分の気持ちに素直に
なって、決めてもいいと思う。

だって、社会に足を踏み入れたばかりの
ちっぽけな若造に、失うものなんて、
大してありゃしないんだから。



私たちワナビーズは、種だ。
これから先、どんな自分にもなれる
可能性を秘めている、種だ。

赤く咲くことも、
青く咲くこともできる。

いびつに咲くことも、
まっすぐ咲くこともできる。



たんぽぽにも、
ひまわりにもなれる。

今の私はただの種。


半歩を踏みだせるワナビーズ面談はこちら